11月の診療日程

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
休診日

13時まで

18時まで

 

12月の診療日程

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休診日

13時まで

当院でカード決済できます。

※保険外治療が対象となります。

保険外治療はカードが使えます

当院は予約優先制となっております。

詳しくは、こちら

LINEからもご予約が可能となっております。

下記QRコードよりご登録いただけます。

かぶらぎ整骨院LINE@QRコード

FACEBOOK始めました

かぶらぎ整骨院facebookQRコード

お問合せ

かぶらぎ整骨院連絡先
佐倉市かぶらぎ整骨院地図

診療時間

午前の部 8:00〜12:00

午後の部 14:30〜19:30

※水曜日・土曜日は13時まで

予約優先制

 

休診日

日祝祭日

 

 

かぶらぎ整骨院スタッフ
女性スタッフもおります
かぶらぎ整骨院駐車場
駐車場3台分あります
かぶらぎ整骨院院内写真
院内

リンク

佐倉市のホームページリンクボタン
大井製作所ホームページリンクボタン

2016年

7月

30日

正しく水分補給をしましょう

梅雨が明け、一気に暑くなりました。

 

 しばらく過ごしやすい気温だったので、急に気温が上がり体調を崩しやすい時期です。

また、熱中症にも十分にお気を付けください。

 

炎天下での運動や作業をする方以外でも、日陰や室内でも熱中症になる事がありますのでご注意ください。

特に湿度が高い日は、気温が高くなくても熱中症になる事があります。

 

熱中症予防には、こまめな水分補給が効果的ですが正しい水分補給を行えていますか?

 

『コーヒーや緑茶を何杯も飲んでいるから大丈夫!』

 

そんな方もいらっしゃいますが、コーヒーや緑茶には利尿作用があるので、飲んでも水分は尿として排出されてしまい、補給にはなりません。

水分補給に適している水分は、カフェインの含まれていない水・麦茶・ほうじ茶などです。

 

清涼飲料水は、糖分が多すぎるので水分補給には適していません。

実は、スポーツドリンクも糖分が多すぎます。水分補給の意味では半分くらいに薄めてあげると良いです。

水分補給の為と、スポーツドリンクばかり飲んでいると知らず知らずにかなりの糖分を摂取することになります。

また、塩分も多いので飲みすぎには注意しましょう。

 

正しく水分補給を行い、熱中症にはくれぐれもご注意ください。

 

2016年

7月

26日

8月の休診日

続きを読む

2016年

7月

16日

夏休み中の交通事故にご注意ください!

こんにちは!

真夏日になる日も増えてきて、梅雨明けも近づいてきていますね!

 

今月は海の日もあり、三連休の方やもうすぐ夏休みの方も多いのではないでしょうか?

 

この時期は、海や山へのレジャーや帰省などで交通量が増え、交通事故が増加する時期でもあります。

 

長距離の運転や、渋滞で長時間の運転になる事もあります。

お車を運転する際は、こまめな休憩・十分な車間距離を確保するなど十分にご注意ください。

 

ただし、どんなに注意していてももらい事故などに巻き込まれてしまう場合もあります。

 

もしも交通事故に巻き込まれてしまったら、怪我の有無の確認・人命救助・安全確保を最優先させ、警察への連絡等を行ってください。

必ず事故当事者同士の身元の確認と、お互いの加入している保険会社の連絡先も忘れずに確認しましょう。

 

基本的に、事故後の怪我や物損のやり取りは相手の保険会社と行います。

加入している保険会社の確認が取れないと、万が一相手と連絡が取れなくなってしまった場合、事故後の話し合いが出来なくなってしまいます。

最悪、事故の補償が受けられなくなる場合もありますのでご注意ください。

 

 万が一、交通事故に遭われてしまったら、かぶらぎ整骨院までご相談ください。

交通事故の治療はもちろん、事故後の保険会社への対応等お役に立てるよう努めさせていただきます。

 

2016年

7月

04日

適正体重を把握していますか?

体重管理を行いましょう

ご自分の適正体重をご存知ですか?

 

よくBMI指数が健康診断結果に表示されますが、BMIとは

体重と身長と関係から人の肥満度を示す体格指数です。

 

見た目の肥満度ではなく健康を基準とした肥満度の国際基準の数値です。

 

BMI指数が22の時の体重が最も病気になりにくいと言われています。

また25以上は肥満とされています。

 

《BMIの計算式》

BMI=体重÷(身長 × 身長)   *体重はkg、身長はmで計算します。 

 

例えば65kg・170㎝の人の場合

65÷(1.7×1.7)=22.49  BMIは22.49となります。

 

《適正体重の計算式》

(身長 × 身長)×22        *身長はmで計算します。

 

例えば170㎝の人の適正体重は 

(1.7×1.7)×22 = 63.58   適正体重は63.58kgとなります。

 

 

体重が重くなると、足首・膝・股関節などの関節へ負担がかかります。

適正体重を把握し、過度にオーバーしている場合は体重管理を行うことでお体への負担を減らす事ができます。

 

 BMIを基準値に近づけることで糖尿病予防や心臓病などの予防にもなります。

 

健康的に過ごすために、是非ご自分の適正体重を把握しましょう。

 

当院では患者様への体重管理のアドバイスも行っております。 

 

 

2016年

7月

01日

7月の休診日

かぶらぎ整骨院 7月休診日
続きを読む