プロフィール

かぶらぎ整骨院・整体院 院長 写真
院長 横川賢一

かぶらぎ整骨院・整体院 院長 横川 賢一

1979年 10月12日生まれ

千葉県出身

 

・国家資格 柔道整復師免許 取得

 

・足のスペシャリスト養成塾認定

 フットマスター 取得

 

・カナダBi-op社認定

 オーソティックアドバイザー 取得

 

・BMK美健セラピーマスター 取得

 

・猫背矯正整体技術 取得

 

・JACS主催 姿勢分析セミナー 終了

 

・Improving Posture Technique 取得

 

・交通事故法律セミナー 終了


かぶらぎ整骨院・整体院開業を志した経緯

 

かぶらぎ整骨院・整体院 院長 横川 賢一 1979.10.12生まれ 千葉県出身

 

 僕は中学時代テニス部に所属していましたが、ある日の練習中に左足首をひどく捻ってしまう怪我をしてしまいました。

くるぶしが腫れあがり、痛みで歩く事もままならなくなり「骨でも折れてるんじゃないか?」という不安から整形外科を受診しました。

検査の結果、幸い骨に異常は無く足首の捻挫と診断されました。骨折は免れましたが、足首をテーピングと包帯で固定され部活も休まざるをえなくなりました。

 

 その日からしばらくは、リハビリのために通院する生活が続きました。

 一定期間が過ぎて痛みも少し落ち着いてきたころ、足首の機能の低下を防ぐための方法として治療スタッフの先生が足首のストレッチやマッサージなどをしてくれました。

 それまで整形外科に定期的に通院する事はなかったので、怪我に対して手で施術を行い回復させてゆく仕事というのを間近に見て、大変珍しく思いました。

 それから自宅でのセルフケアや筋トレなども提案していただき、それらを実践したところ3週間ほどで普通に歩けるようになりました。

 治療スタッフの先生のアドバイスを愚直に実践していくうち、部活にも少しずつ参加できるようになっていきました。

「怪我をした人間の体を回復させていくなんて、この人達はなんて凄い職業なんだ!」と感銘したのを覚えています。

 

 その後も通院を続けるうち、スタッフの方々とたくさん会話をする機会が増えました。

 整形外科のスタッフの先生達はそれぞれに資格をお持ちで、柔道整復師(ほねつぎ)や鍼灸師、放射線技師という怪我や体の痛みを治すプロフェッショナルな医療資格を持つ方々だと知りました。

 ドクター以外にも病院の現場で活躍される方々がたくさんいる事を知り、また、そのような職業に憧れるようになりました。

 

 やがて高校卒業にあたり、中学時代から気になっていた柔道整復科の専門学校に進もうか悩みました。しかし医療系の学校は授業料も高く、はたして自分に合う職業なのかもわからなかったため、進学に踏み切れませんでした。

 そこでまずは整骨院で助手スタッフとして一年間働き、自分の適性を見定めようと考えました。その後に、資格を取るために専門学校に進学するかを決める事にしました。

 

 助手スタッフとして働くに当たり、中学時代からお世話になっていた先述の整形外科の系列の整骨院を紹介していただく事ができ、親元を離れ一人暮らしをしながら働き始めました。

 仕事を始めたばかりの時は、医療の世界の事は何もわからなかったので仕事を覚えるのは大変でしたが、中学時代から憧れていた職業に一歩でも近づこうと必死になって仕事を覚えました。

 

 しかし、憧れるだけで勤まる仕事ではありませんでした。

 

毎日たくさんの患者様を誘導し、院長はじめ先生方の仕事がスムーズに運ぶように手伝うのはとても大変でした。まだ資格も無い状態のため、できる仕事もサポートや雑用のみ。

 

「いつか自分も施術できる資格が取れたらいいな」と、漠然と考えていました。

 

そんな毎日でしたが、仕事を続けるうち次第に患者様とも仲良くなり、お話をする機会も増えました。高校時代、レストランのバイトで学んだ接客サービスが活きたのだと思います。

 

もともと人対人の仕事がやりたかった事もあり、健康に貢献する事で喜んでもらえる整骨院の仕事にやりがいを感じ始めました。

 

それでもまだ進学しようか迷う日々でしたが、ある日職場の先輩が僕に言ってくれました。

 

 「この仕事は君に合っている。君の天職だよ」と。

 

 今でも決して忘れない、思い出すたびに勇気づけられる言葉でした。本当に嬉しかったです。

 その言葉に後押しされ、資格を取るため専門学校に進学する決意を固めました。

 専門学校に入学後、整骨院以外に整形外科での仕事を手伝わせてもらう機会も増えました。夜間部のため、昼間は仕事、夜は専門学校に通うという生活を送っていました。

 

夜間部の生徒は年齢も環境もバラバラでした。高校卒業後にそのまま入学した学生もいれば、別の職種から転職するため資格を取る人、僕と同じように医療機関で働きながら資格取得を目指す人など様々でした。 

授業中は皆、集中して講義を受けていました。国家資格を取得するために、誰もが日々真剣に勉学に明け暮れていました。

 

学校の授業はとても難しく、人体構造を勉強していくというのは想像以上に大変な難題でした。

学校が終わって家に着き、自炊をして授業の復習などすると深夜に及んでしまう事も度々ありました。疲れる毎日でしたが、夢に向かって進んでいる充実感がありました。

 

 そんな時期、アクシデントに見舞われました。

 

バイクで出勤途中に交通事故に遭い、右足の骨を二本折る大怪我をしてしまったのです。

あまりの激痛で発狂しそうになり、骨が折れるというのはこんなに痛い事なのかと思い知らされました。

 

 入院して手術を行い、ボルト固定で骨を繋ぎました。ベッドから起きられない日々が続く中、思うように動けないのが本当に辛かったです。普段、健康でいられた事がいかに恵まれていたのか、また、怪我で身体が不自由になるのがいかに辛い事なのかを考えさせられる毎日でした。

 入院がまだ必要な時期でしたが、学校の単位が切れてしまうという事で退院を余儀なくされました。ある程度回復するまで、学校の近くのビジネスホテルに泊まる生活が続きました。

 

ギプスをしたまま松葉杖をついて歩く生活は、予想以上にとても大変で疲れました。松葉杖を使う事により、両手もふさがってしまうのです。数十メートル進むのにも体力を使いました。

 

 仕事も休まざるをえない状況で本当に苦しかったですが、当時付き合っていた今の嫁さんの助けのおかげで、辛い闘病生活を乗り越えられました。

 なんとか杖一本で歩けるまでに回復し、仕事にも復帰できるようになりました。しかし、右足には後遺症としてしびれが残ってしまいました。足首の動きも硬くなってしまい、十分に動かす事が出来なくなりました。

 

 二年後にボルトを抜いた後も元の状態には戻らず、そのまま現在でも右足の感覚はしびれたままです。

 

 ただ、僕はこの大怪我をした事により貴重な体験ができたと思います。

 

 僕が実際に怪我をして感じた痛みや日常生活への影響、これは同じように体の不調を訴える患者様の事を理解する上で、非常に共感できる要素となりました。

 学んだ知識だけでは、実際に患者様が抱えている痛みやしびれ等の不調を理解する事はできません。施術家として働いていく上で、とても意味のある経験でした。

 

 3年間の学生生活の最後には国家試験が控えており、合格しないと資格を得る事はできません。この試験に向け、それまでの人生の中で一番勉強をしました。

 

 とはいっても膨大な量を勉強しなければならず、なかなか効果的に勉強するのは大変でした。しかし職場の先輩からアドバイスをいただき、教わった勉強法をひたすら実践したところ、みるみる成績を上げる事ができたのです。

 

 自信がついた事により、毎日明け方まで勉強を続ける事ができました。仕事も続けていたため、最後の2ヶ月は13時間しか寝ない生活が続きました。

 

 試験当日は緊張しましたが、自信をもって臨むことができました。それでも結果発表の日までは不安でした。

 

 試験発表当日、努力の甲斐があり国家試験には無事合格する事ができました!念願の柔道整復師の資格を手に入れられ、涙が出るほど嬉しく、今の嫁さんと手を取り合い歓喜したのを覚えています。

 

 卒業後、晴れて正式に整形外科でリハビリスタッフとして働かせてもらう事になりました。

 

 中学時代からお世話になってきたクリニックで働く事ができたのは、本当に幸せだったと思います。院長はじめ先輩達も僕を中学時代から可愛がってくれていたため、資格を取れた事を心から祝ってくれました。

 

柔道整復師の資格を取ってからの仕事は責任も大きく、毎日忙しい日々が続きました。そんな時期、一番お世話になり国家試験でも勉強のやり方を教えてくれた先輩が独立して退職する事になってしまいました。

 

 一番仲が良く、僕を中学時代からかわいがってくださり、大人になってからは飲みに連れていっていただいたり、施術家としての考え方を教えてくださった最も尊敬する大先輩でした。とても寂しかったですが、その先輩は「施術家として見聞を広めるため、ここの整形外科以外にも勤めてみて勉強しなさい」という助言を残してくれたのです。

 

 その整形外科はとても働きやすかったのですが、たしかに昔からの慣れ合いに甘えている自分がいたのも事実。自分を厳しく律するためにも、新たに違う環境に移る必要性を感じたのでした。先輩が退職してから1年後。自己の見分を広めるため、お世話になった整形外科を退職する決意をしました。

 

 千葉県内の整形外科に就職する事が決まり、同時に長年付き合っていた今の嫁さんと結婚し、新たな生活を始める事になりました。

 

 新しい職場ではいきなりリハビリ主任として配属されました。しかし人を管理する事に不慣れだった私は、戸惑い迷惑をかけてしまうばかりでした。それでも周りのスタッフに支えられながら、なんとか責任ある仕事をこなす事ができました。

 

その整形外科医院では定期的に大学病院のドクターや教授が来院し診察を行っており、たくさんの症例に触れる貴重な機会を得る後ができました。レントゲン分析や骨折の整復、ギプス固定など急性的な怪我に対する知識や技術を学ぶことができ、大変勉強になりました。

 

その一方、慢性的な腰痛や肩こりといった症状を長期間抱える患者様も多くいました。

 そういった方々の症状を解消できるようになるため、他の志の高い施術スタッフと休日返上で他院に勉強に行ったり、セミナーに参加するなど技術・知識の研鑽に励みました。

 

勉強を進めるうち、慢性疾患の多くは「姿勢不良」によって起こる事が多いという事がわかりました。姿勢の歪みを解消させる技術を学ぶため、定期的に技術セミナーへ通いスキルアップに励みました。

 

しかし、整形外科ではやはりドクターが方針を決めるため、独自に勉強して得た技術・知識を提供できる機会は少なかったのが現実です。施術家として自分の技術を提供できないという葛藤は、少しずつ大きくなっていきました。

 

その後も勉強を続けるうち、「自分の施術技術で地域に貢献したい!」という思いから独立開業を決意しました。

 

勤めていた整形外科を退職し、晴れて平成24年3月に千葉県佐倉市に「かぶらぎ整骨院」を開業する事になりました。

 

「健康は姿勢から」というテーマのもと姿勢の矯正にこだわり、根本原因を解消できる施術を行っております。

 

日々技術と知識の研鑽に励み、一人でも多くの地域の方々のお身体のお悩みを改善できるよう、これからも頑張ります!

よろしくお願いします!

お体の痛み・不調 ご相談ください

かぶらぎ整骨院・整体院営業療時間画像