万が一交通事故に遭われてしまったら

 

1.相手方の住所・氏名・連絡先や加入している保険会社の連絡先を確認します。(必ず相手方の保険会社の連絡先を確認してください。万が一相手と連絡が取れなくなってしまっても安心です。)

2.警察へ連絡をし「事故証明書」をもらいます。

3.自分が加入している自動車保険会社へ、事故の被害者になってしまった旨を報告してください。
  

※搭乗者保険を掛けている場合、運転者のみならず同乗者にも入院や通院時の医療補償がついていますので、保険請求をすることができます。

4.保険会社の担当に通院する医院を伝えてください

通院する医院は患者さんが決めるものですので、救急車で運ばれた病院にしか通院できないということはありません。

5.必ず病院に受診した際は診断書を書いてもらいます。

※ 加害者には警察に事故の報告をする義務がありますが、被害者からも届出を忘れず行いましょう。

※ 事故時には症状が出ていなくても、後々痛みがでることもあります。
また、診断書を提出しないと人身事故の扱いになりません。診断書を提出することで、自賠責保険への治療費の請求が可能となりますので、必ず医療機関に受診し診断書をもらってください。
 
※ 治療費については自賠責保険適応ですので、費用は保険会社が支払います。
  基本的に窓口負担金はありません。