慌てないためにも!!もしもの時の・・・

交通事故対応マニュアル

 

あなたが交通事故で怪我を負ったとき、どうすればいいのか?

 

どんなに気を付けて運転をしていてもお車を運転している限り起きる可能性があるのが交通事故です。

 

事故に遭わないのが一番ですが、万が一交通事故に遭われてしまった時に慌てずに行動できるように最低限の確認事項をまとめてみました。

 

突発的なアクシデントに混乱するとは思いますが、まずは落ち着いて行動することが大切です。

 

確認事項


・けが人の救護(119番要請)
・二次災害の防止
・警察への連絡(110番通報)
・相手の確認
・目撃者の確認
・保険会社へ連絡

  

 相手方の確認事項として、以下の項目が必要です。

  • 相手の住所、氏名、連絡先
  • 相手が加入している自賠責保険、自動車保険の会社名、証明書番号など
  • 相手車両の登録ナンバー
  • 勤務先と雇主の住所、氏名、連絡先
    (※業務中に従業員が事故を起こせば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)

 

*必ず相手の加入している保険会社の連絡先を確認するようにしてください。

万が一相手と連絡が取れなくなってしまった時でも相手の保険会社と連絡がとることが出来れば安心です。

また、ご自身の加入している保険会社へのご連絡も忘れずに行ってください。

 

 目撃者がいた場合

 

第三者の意見は万が一、相手方とのトラブルになった際などに重要な情報になります。もし通行人など交通事故の目撃者がいれば、その証言をメモしておくと良いでしょう。

また、氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうように依頼しておくと安心です。

 

 

 現場を記録

 

記憶は薄れることがあるため、できるなら事故直後に現場の見取図や事故の経緯の記録を残しておくことも重要です。

携帯電話などで写真を撮影しておくのも良いでしょう。

どちらの過失割合が高いか…など、後でもめる原因にもなるからです。

事故当事者としても現場の状況を克明に記憶しておくという事は、状況を客観的に分析するという点で平静を取り戻すという効果もあります。

記録は賠償交渉終了時まで残しておきましょう。       

 

 

医療機関へ

 

 その場では軽症だと思っても、あとで意外とケガが重かったという例も多くあります。事故直後は興奮状態だったり、動揺していたりしていて痛みを感じない事が多くあります。痛みが無くても速やかに医師の診断を受けましょう。

その際に必ず、診断書を発行してもらうようにしてください。

診断書は警察署に提出をしますのでコピーを取っておき、ご自身で保管しておくと良いでしょう。

 

また、通院治療の場合は整形外科だけでなく整骨院での通院治療も可能となっております。

当院においても、整形外科受診後に通院される方が多くいらっしゃいます。

御予約いただいた場合、お待たせせずに治療を行えます。短時間で効果のある治療の提供を心掛けているため、お忙しい方の負担も減らせます。

整形外科より転院を御希望の方も、是非ご相談ください。

かぶらぎ整骨院 ℡ 043-420-8880

 

 

 交通事故証明書の交付

 

交通事故にあったことを公的機関に唯一証明する書面に、自動車安全運転センターの発行する「交通事故証明書」があります。

 

保険会社に対して保険金を請求する際には必ずこの「交通事故証明書」が必要となります。これが無い場合には保険金の請求手続きが行えないので注意しましょう。(保険会社が交付手続きを代行してくれることが多いようです。)

 

人身事故の場合、医療機関で診断書を発行してもらい、警察署へ提出する必要があります。(診断書はコピーを保管しておくと良いでしょう。)
 

 

警察に届出をしていない事故については証明書が交付されないため、警察への届は必ず行ってください。

 

最後に・・・

ご自身の加入している保険会社の連絡先はご存知ですか??

 

保険会社によってはカードサイズの緊急時の連絡先が記載されている用紙を用意しているようです。お財布や免許証入れに入れておくと安心ですね。

 

車検証と一緒に保険証券は車内に積載されています。

ただ、ご自身で車検や保険を管理されていない場合、車検証自体どこに保管されているのか把握していないことが多々あります。


お車を運転する以上、書類の保管場所を確認しておきましょう。