偏平足

偏平足は足裏の土踏まずのアーチが無くなってしまう症状ですが、それにより足だけでなく全身の姿勢にまで影響を与える事があります。


また、お膝のトラブルを抱えていらっしゃる方の原因がお膝ではなく偏平足にある場合も非常に多いです。


偏平足になり土踏まずのアーチが崩れる事により、足裏がベターっと地面についてしまい、足首の角度が内側を向いてきてしまいます。

本来の角度であれば問題はないのですが角度が変わることによって引っ張られる筋肉や、関節への体重の加わり方が変化してしまいます。

それにより痛みや関節炎などの症状を引き起こすことがあります。

 

足元の角度が変わると当然姿勢にも影響が出てしまいます。

無理な姿勢を腰や首で修正しようとし骨盤の傾きの変化や、首が前方に出てきてしまう原因となります。

また足首の関節が不安定になりやすく、足を捻りやすい方も多いです。


ご自身の自覚がなくても土踏まずのアーチが小さくなっていたり、偏平足になっていることもありますので、ご心配な方はお気軽に当院までご相談下さい。

 

 

偏平足は毎日のトレーニングで予防、改善する事が可能です。

実際、当院の患者様でも毎日のトレーニンング、定期的な通院で偏平足が改善しています。

トレーニングも難しいものではなく、特別な道具も必要なく、ご自宅で簡単に出来ますのでご安心ください。

 

また、靴の中敷きで土踏まずのアーチを補助してあげる事もできますので必要に応じて提案させて頂きます。

 

 

今起きている症状の原因が偏平足にある場合、まずは偏平足を改善させる事が重要となります。その結果、姿勢改善にも好影響が期待できます。

 

おしゃれは足元から。姿勢改善も足元からが大切です!