11月の診療日程

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
休診日

13時まで

18時まで

 

12月の診療日程

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
休診日

13時まで

当院でカード決済できます。

※保険外治療が対象となります。

保険外治療はカードが使えます

当院は予約優先制となっております。

詳しくは、こちら

LINEからもご予約が可能となっております。

下記QRコードよりご登録いただけます。

かぶらぎ整骨院LINE@QRコード

FACEBOOK始めました

かぶらぎ整骨院facebookQRコード

お問合せ

かぶらぎ整骨院連絡先
佐倉市かぶらぎ整骨院地図

診療時間

午前の部 8:00〜12:00

午後の部 14:30〜19:30

※水曜日・土曜日は13時まで

予約優先制

 

休診日

日祝祭日

 

 

かぶらぎ整骨院スタッフ
女性スタッフもおります
かぶらぎ整骨院駐車場
駐車場3台分あります
かぶらぎ整骨院院内写真
院内

リンク

佐倉市のホームページリンクボタン
大井製作所ホームページリンクボタン

平熱を把握していますか?

水銀体温計
懐かしい水銀体温計

ご自分の平熱ってご存知ですか?

 

子供の頃は検温する機会が多く、なんとなく平熱を把握していたと思います。

 

大人になると、検温する時は熱っぽい時だけになっていませんか?

 

実際測ってみると若いころより低くなっているかもしれません。

 

検温をした時、37℃の表示が出たら『発熱』と感じる方が多いと思います。

小学生の頃、朝の検温で37℃あったら学校のプールは見学とか・・・

そんな記憶ありませんか?

 

水銀の体温計を使ったことがある方だと(今では水銀計は、なかなか見かけないですね)37℃が赤くなっているのを覚えていませんか?

それが37℃以上が発熱だと認識されるようになった原因だと言われています。

 製造された当時、平熱をわかりやすく表示しようと当時の平均体温の37℃の数字を赤く表記したそうです。(水銀体温計は1921年より製造)

 

1954年頃の資料には「日本人の平均は36度89分±0.34」と記されています。

つまり、約半世紀前の日本人が脇の下で測った体温は、約36度5分~37度2分ぐらいというのが平均的だったのです。

 

実は、もっとも健康的で免疫力が上がる理想的な体温も36.5℃~37℃なのです。

 

ところが現在では35℃台の方も多く、中には34℃台の方もいらっしゃいます。

  

体温が1度下がると、免疫を司る白血球の働きが30%以上もダウンすると言われています。

同じく免疫に関わる腸の働きも低下します。

体温が下がると代謝も下がり痩せにくくなったり、ガン細胞は35度で最も増殖する性質があるとされているそうです。

 

また、体温が低めの方は痛みに対し敏感になったり、怪我が治りにくい傾向もあります。

 

そういった理由から、体温を上げると免疫力・代謝の向上が期待できます。

また治癒力もあがるので、治療効果も変わっていきます。

適度な運動や、食生活・日常生活で体を冷やさない工夫で平熱を上げましょう!

 

また、自律神経のバランスが乱れると体温が低くなる原因になります。

自律神経は胃や腸の働きや心臓の拍動、代謝や体温の調節など、人間が生命を保つ上で欠かせない働きを担っています。

頭痛・耳鳴り・めまい・不眠なども自律神経の乱れが関係しています。

現在人は、パソコンやスマホからのブルーライトやストレス、夏場のエアコン、食生活、運動不足などから自律神経のバランスが乱れやすくなっています。

 

当院で行うレーザー光自律神経治療は、自律神経のポイント(首にあるツボのようなもの)にレーザーを照射することにより自律神経を整える効果を狙った治療法です。整体治療の前に行う事で、治療効果を高める効果もあります。

患者様によっては、施術直後より体温の上昇がみられる方や、手足がポカポカしてくる方もいらっしゃいます。

 

 また、猫背矯正整体姿勢矯正インソールは、姿勢を矯正する事により身体の歪みを改善させ、自律神経の圧迫を解除し、症状を根本から改善させる治療法となります。

 

体温が低めの方や、自律神経症状でお悩みの方は、お気軽に当院までご相談下さい。

 

水銀体温計 37℃が赤く表記
水銀体温計のアップ