正しく座れていますか?

椅子に腰かけている時、どのような座り方をしていますか?

 

何気なく座っていると思いますが、座り方によっては腰や首に負担をかけている場合があります。

 

背もたれがある椅子に座る時、浅く座って背もたれに寄り掛かったりしていませんか?

仙骨座りと呼ばれる座り方ですが、特に男性やお年寄りに多いと思います。

仙骨すわり イメージ
仙骨すわり イメージ

仙骨座りで座ると背中が丸くなることにより、首が前方にいってしまい猫背になってしまいます。

猫背になると神経が圧迫され、神経痛や自律神経症状を引き起こす原因になることもあります。

 

椅子に座る時には姿勢を意識して座ってみてください。

しっかり背筋を伸ばして椅子に座ると、背中が丸くならず首や腰への負担を軽減できます。

背もたれに寄りかからない座り方が理想ですが、寄りかかる時にはしっかり深く座って寄りかかるようにしてください。

 

柔らかいソファーなどでは、どうしても仙骨座りになりがちです。

座り方を少し工夫したり、長時間座らないようにするなど気を付けていただくと良いと思います。

 

またパソコン作業の多いお仕事では、椅子の高さやパソコンの画面の高さによって、猫背の姿勢で長時間の作業を行っている方もいるかもしれません。

前かがみでの長時間の作業は首が前方に出る事で、頭部を支えている首にとても負担がかかってきます。
顔の高さ位に画面がくることにより、首が前方にくることを防ぐことが出来ます。
パソコン作業が多い方は、椅子の高さやパソコンの高さを見直してみてください。(ノートパソコンの場合、画面の高さを変える事が難しいですが椅子を下げるか、パソコン本体自体を高くしてあげるなど工夫されると良いと思います。)
座り方を少しだけ注意する事で、腰痛の予防や現在お悩みの症状を悪化させない効果があります。
腰痛や首肩の痛み・目が疲れやすい・頭痛など、現れる症状は人それぞれですが普段の生活での習慣や姿勢、お仕事の負担などが影響を与えていることがとても多いです。
当院では痛みを取り除くだけの治療ではなく、痛みを引き起こしている原因を見極め根本からの治療を目指します。
また、ご自宅でのセルフケア方法や、トレーニングなども提案させていただきます。

院内での施術だけが治療ではなく、ご自身でのストレッチやトレーニングも治療効果を高めるには必要不可欠です。

 

治療は二人三脚です!

当院は患者様と同じ目標を持ち、施術を行っております。