荷物を軽くしましょう!

重たい荷物のイメージ 姿勢不良の原因は普段の生活にあるかもしれません

姿勢悪化の原因として、毎日の生活やお仕事での負担が大きく影響しています。

 

その中でも、重たい荷物を長時間持っている状態というのは、体にかなりの負担を与えます。

 

近年では、小学生のうちから姿勢悪化が進行していると言われていますが、その原因は教材の増加にあると言われています。

 

週休2日制になり、1日当たりの学習時間が増えた事で必要な教科書やノート・器材が昔に比べ増えています。さらに最近では水筒も各自が持ち歩くようになり、年々ランドセルの中身が増え続け、重たくなっています。

ランドセル自体も大型化された事で、より多くの荷物を運べるようになった事にも起因しています。

 

ランドセルを背負った状態では、常に後ろに重心が引っ張られている為に前傾姿勢をとらざるをえません。その結果として、頭部を前方に突き出す姿勢から猫背になる子供が増えています。

 

こういった問題を改善するため、是非荷物の軽量化に取り組んでいただければと思います。

ランドセルにはその日に必要な教材のみを入れるようにし、水筒も容量の多すぎないものを日により左右交互に肩に掛けて登校するなどの工夫をしましょう。

 

同じ理由で、肩掛けバッグや手提げかばんも左右の姿勢の歪みを発生させやすいと言えます。

日替わりで左右交互に肩・腕を入れ替える、中身の軽量化などに取り組むなどで、身体への負担を減らす事が重要になってきます。

 

是非、今一度ご自分やご家族の荷物の軽量化を行い、日々の体への負担を減らしましょう。