体の痛みと姿勢は無関係?

こんにちは、かぶらぎ整骨院 院長の横川です。

 

当院でもお伝えしているように、昨今では姿勢と体の痛み・不調との関係性が徐々に叫ばれてきています。

しかし西洋医学における調査結果では、姿勢と体の痛みとの関係性について「痛みがある人と無い人の姿勢を比較した調査」において特別な差は認められないというデータがあるそうです。

 

つまり、

・痛みを訴え、かつ姿勢に問題がある人

・痛みは無いが、姿勢に問題がある人

・痛みがあるが、姿勢に問題が無い人

・痛みが無く、姿勢にも問題が無い人

これらの人数に明確な差は無いとされています。

 

しかし一方で12万人の姿勢分析を行った別の調査機関の結果、「痛みを訴えている人だけ」をみると、全ての方に理想的な姿勢からの乖離が見られるというデータがあるそうです。

 

つまり、後者の検査結果では「痛みが発生している場合、姿勢に歪みが認められる」ことを意味しています。

 

さらにその方々に姿勢の改善を目的とした施術を行ったところ、姿勢の改善に伴い痛みの解消が認められたとされています。

 

このように前者と後者では検査結果に違いが発生しており、これは非常に興味深い調査結果だと言えるのではないでしょうか。