対症療法と根本治療 その1

こんにちは!かぶらぎ整骨院・整体院 院長の横川です。

 

前回の四十肩に対して行うべき治療として、根本原因である姿勢の歪みを取り除く事が重要だとお伝えしました。

逆に当院では、一時的な痛みの解消を目的とした治療のみを行うべきではないと考えております。

 

頭部前方変位を主とした姿勢の歪みは、一度起こったら放っておくと進行するしかないと言われています。

つまり「痛みの抑制」のみを行ってしまう事で肝心の姿勢の問題は先延ばしされ、本当の意味で治ったとは言えずにさらに大きな姿勢の問題を発生させるリスクになりかねないと言えます。

 

重要なのは症状を消すための「対症療法」だけではなく、それを引き起こす原因を解消させるための「根本治療」を絶対的に行う必要があるということです。