姿勢による頭部の位置の変化

こんにちは!かぶらぎ整骨院・整体院 院長の横川です。

 

姿勢の歪みの中でも非常に多くの方にみられるのが、頭部が前方に変位してしまっている状態です。

 

人間の頭部の重量は女性で約4キロ、男性で約5キロほどの重量がありますが、3センチ前方に出るとその負荷は倍増してしまいます。

 

ここで考えなくてはいけないのが、立った状態ですでに頭部が前方に変位している場合、座っている姿勢においてはさらに頭部が前方へと出てしまっている可能性があるという事です。

 

特に長時間デスクワークをされる方にその傾向が強く、負荷の倍率も大きくなるため体への負担も深刻なものとなります。昨今ではパソコン作業のあとに肩こりや首周囲の痛みを訴える人が増加していると言われていますが、その主たる原因はこの姿勢によるものだと考えられています。

 

このように座った状態において長期にわたり負担のかかる姿勢を続けてしまった結果、普段の立ち姿勢の中でも頭部前方変位がおきているのがはっきりわかるようになってしまうと考えられています。