うつむき姿勢による負担

こんにちは!かぶらぎ整骨院・整体院 院長の横川です。

 

前回のブログでは、立位姿勢から予測するデスクワークにおける頭部の位置の問題についてお伝えしました。

 

今回はうつむいた際の頭部重量による負荷の変化についてお伝えします。

 

人の頭部の重量は約4~5キロの重さがあると言われていますが、姿勢の変化により頭部を支える首にかかる負荷は変動してしまいます。

 

軽くうつむいた状態でも2倍以上の負荷が加わり、角度が増すにつれて増大し、最大で約6倍もの負荷が首の部分に加わってしまうと考えられています。

 

現代社会ではこのように頭部を前方に出して行う作業や、うつむいた状態でスマートフォンを操作する習慣などが浸透してしまっています。その結果として年々肩こりやそれに付随する症状を訴える方が増えていると言われており、深刻な社会問題に発展してしまうのではと危惧されています。