うつむき姿勢による負担 その4

こんにちは!かぶらぎ整骨院・整体院 院長の横川です。

 

前回は電車内などにおけるスマホ操作時の体への負担軽減方法についてお伝えしましたが、最も効果的に負担を軽減させる方法としては「不必要な操作を極力行わない」という事に尽きます。

 

ゲームや時間潰しでスマホ操作を長時間行ってしまう習慣になってしまうと、それだけうつむいた姿勢を支えるために体に負担が蓄積してしまいます。

 

そのような習慣が長期にわたり継続してしまうと、やがて肩こりなどの慢性症状を感じ始め、頭痛や耳鳴り・めまいといった不定愁訴の出現に繋がると言われています。

 

また、そのような慢性症状を放置してしまう事で、ある時期に急性症状として強い痛みやしびれとして出現してしまうと考えられているため、普段からの姿勢を意識する事で体への負担を最小限にしていくという事が非常に重要であると言えるのではないでしょうか。