姿勢に影響を及ぼす要素 その5

かぶらぎ整骨院・整体院ブログ 小学生重たい荷物 イメージイラスト

こんにちは!かぶらぎ整骨院・整体院 院長の横川です。

 

これまでに姿勢に影響を与える要素として、様々な要因をお伝えしてきました。

 

残念ながら現代社会では多くの場面で「頭部を前方に出す」という動作が行われます。それは幼少期に机に向かい始める頃から始まると言われ、小学生になると重いランドセルを背負う事になり、その影響で体が後ろに倒れないよう頭部を前方に突き出してバランスを保つ姿勢となってしまうと考えられています。

 

更に、近年ではパソコンやスマートフォン操作によりうつむいた状態を長時間続けてしまうといった習慣が多いため、現代人の実に93%もの人が姿勢に問題を抱えていると言われています。これは深刻な社会問題だと言えるのではないでしょうか。

 

姿勢の歪みは一度発生してしまうとさらに大きな歪みへと進行してしまうため、日常における姿勢への影響を極力少なくする工夫を行うとともに、姿勢の歪みを解消させるための治療を行う必要があると言えます。