一時的な痛みの緩和による弊害

かぶらぎ整骨院・整体院ブログ 肩こり腰痛 揉みほぐしイメージ写真

こんにちは!かぶらぎ整骨院・整体院 院長の横川です。

 

現代社会において、「肩こり・首の痛み・腰痛」は体の不調のトップであると言われています。

 

昨今、整骨院や治療院、「全身揉みほぐし」などのリラクゼーションサロンが街中に溢れ、それに伴い多くの方がそれらを利用する機会も増えました。

ところが、そういった施設を利用する際に気をつけなければいけない事があります。

 

それは、それらで行われている施術はどのような効果を目的としているのか?という事です。

 

リラクゼーションサロンであれば体の疲労を癒す事を目的とした施術を行うイメージが思い浮かびますが、整骨院や治療院などではどうでしょうか?

よく見る施術コンセプトが「痛みを解消!」「痛みに効果的!」といった、「痛み」にフォーカスした打ち出しではないでしょうか?

 

様々な治療院に通われた経験のある方はおわかりかと思いますが、その場の「痛みの解消」だけを目的とした治療効果は一時的なものであり意味がありません。それどころか体に起きている根本的な問題を隠す事になってしまうため、より深刻な問題へと進行させる要因になってしまうと言えるのではないでしょうか。