体の痛みの根本原因・姿勢のゆがみ その2

かぶらぎ整骨院・整体院ブログ 頭部が前方に行くと負担がかかるイメージ画

こんにちは!かぶらぎ整骨院・整体院 院長の横川です。

 

前回、姿勢の歪みにより全身に負担が蓄積し、痛みの原因になるとお伝えしました。

 

では、「姿勢の歪み」とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

 

非常に多く見られる姿勢の問題として「頭部が前方に変位した姿勢」が挙げられます。

 

実はこの時、前方に出た頭部を支えるために首の後ろ側の筋肉には多大な負担が加わってきてしまいます。

 

この状態を例えると「ボーリングのボール」を手元で持った場合と比べ、離して持つと重く感じる現象がイメージしやすいのではないでしょうか。

 

頭部は男性で約5キログラム、女性で約4キログラムの重量があり、理想的な頭部の位置から3センチ前方に出てしまうだけでもその負荷はなんと2倍になってしまうと言われています。

つまりは日常生活で常に10キログラムほどの負荷が首に加わり、その負担が蓄積する事で肩こりや首の痛みが引き起こされてしまうと考えられています。